Kajiwara laboratory / メンバー紹介 / 松本 淳史 (Atsushi Matsumoto)

松本 淳史 (Atsushi Matsumoto)

----------------- プロフィール -----------------

松本 淳史

学年:M2

研究テーマ:「ガードタイムを短縮したSpectral-Keying UWB方式の検討」

研究テーマの概要:

近年, 近距離高速無線通信が可能な超広帯域インパルス無線(UWB-IR)方式が注目されている.UWB-IR 方式は1ns 以下の超短パルスを送信することにより高速通信を行うが,パルスの時間幅に対してマルチパスの遅延広がりが大きいため,通信効率の悪化を招いている.そこで,本稿ではその広がりが大きい環境でも高速通信が可能なSpectral Keying UWB(以下SK) 方式に注目し,ガードタイムを短縮することで通信速度をさらに向上させる手法を提案しその有効性を計算機シミュレーションにより検討した.

研究成果:
国内研究会等
松本淳史,石川弘貴,中村僚兵,梶原昭博,”ガードタイムを短縮したSpectral-Keying UWB方式の検討”,電気関係学会九州支部連合大会, 佐賀, 2011年9月