Kajiwara laboratory / メンバー紹介 / 大田 恭平 (Kyohei Ota)

大田 恭平 (Kyohei Ota)

----------------- プロフィール -----------------

大田 恭平

学年:

研究テーマ:「高齢者の状態監視用UWBセンサに関する研究」

研究テーマの概要:

UWB-IRはマルチパス耐性に優れ,また電力スペクトル密度も低く他の無線システムとの共存が可能である.また、布団や衣類を透過するため,医療分野や介護分野への応用も考えられている.

近年,病院や介護施設では患者や被介護者の転倒の問題が増えている.そのため、ビデオカメラや赤外線センサ,圧電センサなどを用いた患者や被介護者の状態監視が行われている.しかしながら、ビデオカメラを用いた場合はプライバシーの問題があり,また赤外線センサや圧電センサを用いた場合では誤検知が多くなると考えられる.

したがって本研究ではUWB-IRを用い,無線によって被験者の室内移動,部屋への出入り,離床などの状態検知を行う.

研究成果:

国際会議

K.Ota,Y.Ota,M.Otsu,and A.Kajiwara,"Elderly-Care Motion Sensor Using UWB-IR", IEEE Sensors Applications Symposium 2011, San Antonio(America), pp.159-162, Feb.2011.
K.Ohta, K.Ono, I.Matsunami, A.Kajiwara, "Wireless Motion Sensor Using Ultra-wideband Impulse-radio", IEEE Radio and Wireless Symposium 2010 (RWS2010), New Orleans(America), pp.13-16,Jan.2010.

国内研究会等

大田恭平, 松波勲, 梶原昭博, "UWB-IRにおける呼吸・拍動検知について", 第32回情報理論とその応用シンポジウム(SITA 2009), 湯田, 山口, pp703-707, 2009年12月.